上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


 いよいよ、秋磯開幕かと思ってた3連休!

3連休中、シケ具合 (+д+)
唯一、土曜かと思ったが、少しでも不安がある時は逝かないようにしています。
結果的には正解だった模様w

それも天気が良いのは土曜だけで・・
キャンツーも不可能
選択肢とすれば、トレッキングしかないでしょ
って事で、紅葉真っ最中の宮城・秋田県境の栗駒山にネ申さんとイクっ!

271010_2.jpg

道すがらは順調だったので、須川温泉に10:00過ぎに着いてビックリ~((((;゚Д゚))))

げ・激コミですw
何とか駐車スペースを確保しました

確かに来るの遅いけど、予想以上でした。

271010_1.jpg

10:20ころに出発します。
271010_3.jpg

栗駒

名残ヶ原
271010_4.jpg

271010_5.jpg

天気良くて気持ちイ~ \(^o^)/

271010_7.jpg

昭和湖
271010_8.jpg

緑の帽子被ったガイド筆頭に、すごい数の団体さんが居ます。
「すんごい人数だね!」

いやな予感プンプン

その団体さんから、遅れて10分くらいしてから、昭和湖出発するも
すぐに追いつき、大渋滞(>_<)
進まね~進まね~

盛岡の大通りより、込んでますw

その内、ガイドさんが気を使って、若干広い登山道で一般登山者に追い越させてくれるが
抜いてみて、改めて大人数だったことに気付きます。
100人ぐらい?
これじゃ~進まないわけだよ
下山する人も一杯いるしね(´ヘ`;)

ようやく大渋滞を抜けて
天狗平
271010_9.jpg

宮城側からの登山者も結構居るよ((((;゚Д゚))))

ピークが怖いww

271010_10.jpg

ヒエー━━━━(゚д゚;)━━━━!! 

すごい人口密度です

頂上には、さっきの緑の帽子の方々が一杯います。
恐らく、登山口を分散して登ってきているのでしょう

都会並みの人口密度ですw

271010_11.jpg

標柱をバックで写真撮るのは、至難の業が必要ですw

昼飯喰う場所探すのも、厳しいくらい(>_<)

すごい人気だ!栗駒山恐るべし・・



昼飯喰って、産沼・三途の川経由で下山

271010_12.jpg

271010_13.jpg

271010_6.jpg

271010_14.jpg

携帯カメラだと、イマイチ伝わらないですね(´ヘ`;)

ほんとは、すごい紅葉なのですが・・
ネ申さんは、「人生一の紅葉だ」と申し上げて候

緑の松が良い仕事してます。


14:20ころ 到着し
足湯に浸かろうとするも

271010_15.jpg
ネ申さんのsexyショットwww

熱湯風呂並みで、挿入出来ず(>_<)

須川温泉の名湯に入浴しようにも、kawakoの皮膚病が全身を冒しているため、入浴できず

やはく温泉に入れる体になりたいもんです。

仕方ないので、空いてるpetボトルに源泉を入れてきました。
それを霧吹きに入れて、体に刷り込んでます(^ω^)

しかし、すんげ~人だった。

三途の川周辺の紅葉が最高でした!

今週、一杯までは良い感じじゃないかなぁ~


今週末の天気は良さ気なので、男鹿に行くぞ~\(^o^)/

トレッキングに興味のある方はこちら
  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2015_10_13


意味不明なタイトルです(汗

キャンツー=キャンプツーリング

ラーツー=ラーメンツーリング らしい

ラートレツー=ラーメントレッキングツーリング 誰も言ってないw

何でも短くすれば良いってもんでないですが・・

取りあえず略語化してみた(;´∀`)


キャンツーしたかったけど、土曜が雨だったの断念

日曜は町内運動会w あったけど景品にも目もくれず 
ネ申さんは、張り切って参加してたw


最近、山にも登ってないし、これから秋磯の地磯歩きに備えて久しぶりにトレッキングに行ってみます。

もちろん世一郎と一緒(^ω^)



姫神山 1,123m

270927_6.jpg

11:00に一本杉コース出発

確か、去年の今時期も登ったけど、明らかに体力落ちてる(´ヘ`;)

今年は、世一郎が来たんで、そっちと遊んでたツケですね

30分もしないうちに、5合目で休憩

ヤヴァイ、素人に逆戻りしてる

すでに酸欠です(>_<)


動悸wが落ち着くのを待って登ります

やはり7合目付近になり、またまた休憩w

ダラシナイです(;´∀`)

その後も、えっちらえっちらしか足が動きません

秋磯、大丈夫だろうか・・・・


ピーク到達 12:25 

去年の記事を見てみたら1:10で登ってたのに、今回は1:25掛かってる(>_<)

この距離で15分の差はデカイです。

何にもしないで、男鹿に行ってたら死んでるとこでしたw

270927_1.jpg

紅葉は、始まったばかりでしょうか

さて、ラーメン食います

270927_2.jpg

うどんだった(>_<)

ウートレツーになった  ますます、何のこっちゃわからん


帰りは コワ坂コース降ります。

めっちゃ降り易い

尾根づたいのコースになってます。

ほとんど同じ角度です。

よく言えば、登りやすし降り易い。
悪く言えば、変化がない。

半分ぐらい降りたところで一気に視界が開ける

270927_3.jpg

何だか、八幡平方面に怪しい雲が・・・

まもなく登り口に到着

270927_4.jpg

ここで45分 早いw

こっから駐車場へ、アスファルト道路で戻ります。

その道中に、ポツリポツリ雨粒落ちてくる

雷もゴロゴロなってる 嫌な悪寒プンプン

そして駐車場までもう少しのところで、ザ~!!

270927_5 (2)

時速50mmクラスです。

ダッシュで世一郎にぶら下げてるヘルメットを外し、便所に駆け込みます。

危なくヘルメットがダムになるとこでした。

駐車場を見ると、W650が1台停まってる。

ヘルメットぶら下げてるので、ダムになったでしょうね・・

ちなみに コワ坂登り口から、駐車場までは25分くらいだった。


スマホで雨雲レーダー確認してみると、後30分ぐらいで通りすぎるみたいなので
便所でまったり過ごしますw

予報通りに雨上がる!!スゴイっすね(゚∀゚)

追い抜いてきた家族(チビッコ)大雨に濡れただろうな~ 可哀想に(´ヘ`;)


釣り行く前に、もう一回トレッキングで自力つけなきゃならんな~

トレッキングに興味のある方はこちら
  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村










2015_09_28


 3連休だったけど、台風崩れで天気パッとせず(´ヘ`;)

前から、秋駒にネ申を連れて行く約束してたので様子見してたけど
最終の20日朝起きてカーテン開けたら岩手山の頂上まで見えてる!
外に出て秋駒方面見渡すと、雲はあるけど高い雲なので頂上まで見えてます。
これは行くしかね~

ネ申随行なので、田沢湖方面から楽してバスで8合目コース

270721_2.jpg
アルパこまくさ駐車場に車置いて

270721_1.jpg
片道620円 縦走以外は往復1240円/人 なので結構高い(´ヘ`;)

270721_4.jpg
新道コースで登ります。

この頃から小雨が・・・おいおい大丈夫だよな
小一時間であみだ池なんですけど

270721_12.jpg
ガスに包まれます。

270721_5.jpg
ニッコウキスゲは今が見ごろ
去年下手うって登頂できなかった男岳方面

270721_6.jpg
もやは視界ゼロで難しい顔で収まりますw

ちょうど12時なので、ここで飯喰う
せっかく花と景色を見せようと思ったけど、秋駒に嫌われてます。

ムーミン谷に下りる
270721_7.jpg
やっぱり今年は季節が早く チングルマも終盤
たいした、お花畑も堪能出来ず(>_<)

大焼砂
270721_9.jpg
風速20m程度の爆風吹いてますorz
高低差はないけど、歩く距離が長くヘコタレるネ申

270721_8.jpg
名物のコマクサ群生も、天候には勝てず、癒されるほどではない

この頃から「どこまで行くの~?」とネ申の天候も怪しくなってきますw

横岳通過して、阿弥陀池に下り非難小屋で休憩
270721_10.jpg
ここにもヘルメット常備されてました。

ネ申を励まし、男女岳
270721_11.jpg
やはり視界ゼロ
しかも人っ子一人もおらずw

よせばいいのに旧道降りますw
なかなかのデンジャラスゾーンも有り、ネ申ビビってます。

しかし旧道の方が、登山してる感があって楽しいですね。
でも勧めません。自己責任で・・

270721_13.jpg
雰囲気有ります。クマさんの雰囲気もありますw

270721_14.jpg
登り下り口に看板あるよ。


やっぱり、山の天候は図り知れない
海とは違います(;´∀`)

270721_15.jpg
8合目駐車場に降りてきてから、見てみると・・

そんで自宅に帰ってから、山見てみたら雲取れてました( 」゚Д゚)」オーイ!

自分等、山に居たときだけ雲がかかってたんですよorz

秋駒721

標高     1637m
活動時間  5:07
活動距離  8.67km
高低差    352m


今週、晴れるかな~
日本海サンセットヤキヤキキャンツーして~な~ (・∀・)ニヤニヤ

このキャンプ場決めが、また楽しいんだよね~

あっ、そうそうヤキヤキネタなんですけど
バーベキューの炭いじりや、ゴミ拾いで使う道具の事、なんていいますか?
この間、ネ申から聞いたんだけど、kawako等は(津軽)「デレッキ」って言いますが
この辺の人(盛岡)は言わないんだってよ~って・・
んじゃ、なんて言うのよって聞いたら「火ばさみ」だって・・
まさか方言だとは思いませんでしたww
境界線望む!!
ちなみに「手袋も履きます」というww

トレッキングに興味のある方はこちら
  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2015_07_22


 ここ2週続けて、土曜日出張なんかで、日本海には出撃出来ず。

しかし釣りに行かずとも、山行があるのです(^ω^)

そんで、日曜日はネ申さんと、またトレッキングに逝ってきたのでした。

いつも宮古に行く途中眺めていた兜明神岳(1005m)と連座している岩神山(1108m)をやっつけます。

270517_1.jpg

270517_3.jpg

ウォーキングセンターなるもの、周辺の自然を紹介してます。

270517_2.jpg

行程はタラボコース→岩神山→兜明神→草原コース

10:30前スタートです。

270517_4.jpg

270517_5.jpg
ふ~ん!

では、出発します。

270517_6.jpg

ところどころ、ゼンマイ・ワラビを採取しながらユックリ登り

270517_7.jpg

程なくして拓ける

ひとつの汗もかかずに

270517_8.jpg

かぶと広場(バーベキュー場)に到着し、用を足す。

タバコ一服フカシ、岩神山に向かう。

270517_9.jpg

馬っこ広場を過ぎてから、ようやく登山っぽくなってくる。

あるところでワラビの群生\(^o^)/

登山道左右4,5m入って、kawakoとネ申と分かれてワラビ取り

すると岩神山方面から下山してくる方、3名

同じくワラビ取りながら下ってきてます。山菜袋にはワラビどっさりですね!

もくもくと捕ってる。

kawako等は上に登りながら、その方がたは下りながら

もう、いいかなぁ~と思って登山道に戻る。同じく登山道を歩いてくるネ申。

ネ申がkawakoに近づいてきてる途中

登山道下で

「うギャー!!」

恐らく、先ほどワラビ捕ってたオジサンのありえない程の悲鳴!

同じくして「ピー!ピー!ピー!」と熊避け笛のけたたましい音

ここからは若干カーブになってるので、その様子は伺いしれない

というか、kawako&ネ申、反射的に頂上側に猛ダッシュ!ε=ε=ヽ( ゚Д゚)ノ

マジかっ!もう脳は熊が出た!と判断してます

3,40mほど走ったところに、偶然にも熊避けの一斗缶が、ぶら下がっている

無我夢中でその一斗缶を、親の敵とばかりに連打するkawako

こんなにビビッたのは、いつ以来だろう!

それと、こんなに猛ダッシュしたのはいつ以来だろう(笑)しかも登り坂(爆)

余談ですが、いまはもう40過ぎのオッサンなんだけど、昔(25歳の時)会社の草野球チームに入ってて

ランニングホームランコースにボールが飛び、2塁ベースを回ったあたりから足に異変を感じ

3塁ベースを回るころには、自分では両足の操作ができなくなり、本塁に達したのは良いものの

転んで止まるしか方法がなくなった経験あり。

単なる、25歳時には全力で走ると足がモツレたという事なんですが、

恐らく、それ以来のダッシュなのです(笑)

下に降りて、その様子を伺う勇気もなく、頂上には熊出没しない?と思い込んで

早足で頂上目指します。

一応、下山途中の方に一部始終を話ししておきます。

あの人方、どうなったんだろう?

それと「下山するの嫌だよな~」とネ申と話す

岩神山山頂に登頂するも

270517_10.jpg

270517_11.jpg

270517_12.jpg

曇ってて、なんも景色よいね~し、熊さんの事で頭が一杯なのです(´ヘ`;)

普段から熊さんのことは警戒しながら登ってますが、まさに現実味を帯びてきて

もう、その辺からドバッと出現するのではないかとの妄想が膨らむ。

しかも誰も登ってこね~し

嫌が上にも、慎重になり下山

先ほどの一斗缶ポイントが出現、もうね、そのカーブを過ぎるのが怖い((((;゚Д゚))))

そして現場付近を通過

なんの形跡も無い

下山中は時折、大声を出して自分の存在を大いにアピールします(笑)

ようやく難所?を抜け、馬っこ広場が見えるころ、またアピールすると

どこからともなく「ピーピーピー」と笛の音?

一瞬、怯んだが、先ほどの方がたか?まだどこかで山菜取ってる??

kawakoの声に反応したか(笑)

そして死ぬ思いで(爆)でバーベキュー場に到着して、飯を食うことに12:30ころ

その後に兜明神に登るつもりだったけど、ネ申も精神的に疲れたんか「もう、今日はいいわ~」

と言ってます。

取りあえず飯喰って、「すぐそこだから、人もいっぺ~居るし」と説得して

270517_13.jpg

登ります。しかしものすごい風でネ申はビビッて、頂上直下でギブですね。

270517_14.jpg

270517_15.jpg

270517_16.jpg

少し晴れてきました!

そして帰りは草原コースで下り

無事に帰還できました。

汗は一つもかかず、冷や汗は大量にかきました。

しかし真相は謎に包まれました。

でも、あの尋常ではない叫び声と、異常なほどの笛の吹き方から、出没したと思ってます。

まぁ、生息地にこちら側から侵入している訳だから、しょうがないんでしょうけどね。

これからはもっと熊さんに、自分をアピールします(笑)

270517_17.jpg

データ
岩神山   1108m
兜明神岳 1005m

活動時間 2:56
活動距離 6.63km
高低差   355m

兜明神からの帰りはGPS不調により、軌跡がおかしくなってます。

もうトラウマになってますので、当分は人気のある山に行く様にしたいです(汗)

トレッキングに興味のある方はこちら
  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村







2015_05_18


 山行と言っても、トレッキング程度なのですが

メタボ撲滅運動なのです。

でもね!磯釣りなんかでの地磯釣行なんかでは、このトレッキング効果が顕著に現れるんだよね~!

以前は酸欠でヒ~ヒ~逝ってたんだけど、去年の地磯釣行なんかでは余裕だったのだ\(^o^)/

すごい効果を実感した訳で、今年も継続するのだ!

そんでGW最終の5/6 盛岡と紫波に跨る「黒森山」837m

ネ申さんと逝きました。

重石登山口 10:43発  写真撮ってくるの忘れた~(´ヘ`;)

赤い鳥居が目印  kawako以外の車は無い!? 民家の駐車場的なところです(汗)

では出~発~!!

270506_1.jpg

出発間もなく「オギャ~!」とネ申の悲鳴に慄くkawako

何かと思ったらヘビ~!気持ち悪り~!!危なく踏むところでした。マムシ的ですね (+д+)

出発早々、疲れます。

しばらくするとカメラぶら下げて、下りてくる方とすれ違う?

どこに車止めたんだろう??

しばらく砂利道を歩くと、登山ぽくなってきます。

270506_2.jpg

たらの芽、ぜんまい、コシアブラなんか結構目に付きますが、すでに充分に喰ったのでスルー

時々、林道と出会うんだけど・・何だい?

後で気付くんだけど、林道で結構上まで行けるんですね(´ヘ`;)

しかし歩くのが目的なので、そんな裏技は使いませんよ~

270506_3.jpg

ガイドに載ってたキャンプ場に到着。

未だに看板は都南村ですね・・合併後の盛岡市からは忘れ去られていますね(´ヘ`;)

年間を通じて、ここでキャンプする人、居るのかね? 

ここで、kawakoの後に出発した方に、追いつかれる。

コースはここで、大権現コースと片富士展望コースと分かれているのだけど

その方、片富士コースに向かわれたが、コース不明瞭で戻ってきます。

kawako達は大権現コースをチョイスして先行

ここから急坂で

270506_4.jpg

大権現に到着 休憩

やっぱり、シーズン最初は疲れますね。

長い間、氷上テント内でマッタリヤキヤキし過ぎたツケが・・(;´∀`)

ではピークに向けて、最後のひと登り

頂上を目前にして、昼のチャイムがどこからか聞こえてくる。

ネ申も反応「腹減った」

12:20ころ、頂上到着!

270506_5.jpg

270506_9.jpg

この看板もまた、都南村ですね。

270506_6.jpg

270506_7.jpg

270506_8.jpg

ん~!気持ち良いのだ~!!

向こうには和賀岳・秋駒・岩手山・姫神 まだ結構、雪有るね。

360度とはいかないが、西から東北東までの眺望です。

しかも頂上貸切です。

さ~飯でも喰おうかと思ったら、紫波側からの登山客が一気に5名登頂されて、

狭い頂上は見る見る密度が上がりました(笑)

帰りは「片富士展望コース」を辿ってみたが、登山道は荒れていて

どこかに岩手山の眺望が良いところがあるのだろうと思ったけど

気付いたら林道にブチ当たりましたね(;´∀`)

特に迷った訳でもないので、こちらのコースは勧められませんね。

登る途中も、後で追いついた登山者がコースが解らなく諦めたのも頷けます。

その林道沿いに、山菜の王様と言われているシドケっぽいのを発見!!

これシドケ!?なんだろうか、居酒屋ではこの季節よく食うのだけれど、生息しているのは見たことないのだ。

一応、ちょっとだけ採取。

14:20分 登山口到着

黒森山

データ 
黒森山 標高  837m
      活動時間  3:37
      活動距離  7.05km
      高低差    582m

家に帰ってから採取したシドケっぽいのをネットで確認。

しかし水分が抜けていて葉っぱがシワシワになっていて対比できない。

調べていたら、トリカブトと間違えやすいというのを見て、ビビッてしまい喰うのはやめました(笑)

写真撮ってくればよかったな~orz

トレッキングに興味のある方はこちら
  ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2015_05_09


12  « 2017_03 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kawako

Author:kawako
北東北(日本海)の磯釣りや、バイク乗ったり、山登ったりで、本業より休日の方が忙しい(笑)kawakoのblogです(^ω^)

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。